レインボーフラッグは誰のもの

LGBT セクシュアリティ ジェンダー系の話題

闘うトランスジェンダー「小川みき」にとって「女子」とは何か? #女子的生活

f:id:hibari_to_sora:20180211165146j:plain

「女性的生活」は坂木司によるトランスジェンダーの日常を描いたライトノベル文芸作品だ。NHK総合「ドラマ10」枠、主演・志尊淳によりテレビドラマ化され、先月4話に渡るエピソードの放映が終了した。
テレビドラマ「女子的生活」の視聴率は消して高くはないと言える。下記は過去のNHK総合「ドラマ10」枠の視聴率だ。LGBT、もしくは関連するキャラクターが登場する他局ドラマの視聴率も参考になるだろう。

f:id:hibari_to_sora:20180211165240p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180211195125p:plain
しかし、何かと当事者から反発・顰蹙をかいやすい「トランスジェンダー」をモチーフとしたドラマとしては成功したケースではないかと思われる。視聴率は振るわなかったが、ハッシュタグ「#女子的生活」には様々な意見が寄せられた。日本において「トランスジェンダー」や「性同一性障害」を扱うドラマの難しさは、国内で「トランスジェンダー」が「病理化」されていること、従って制度上、優遇される者と、そうでない者が存在してしまうこと、特例法制定から15年経とうとしている今もなお「性同一性障害」を扱ったステレオタイプなドキュメンタリーがメディアでは延々と繰り返され、オペと整形で話題作りを行うタレント・芸人が必ずいつもいて、性別判定の価値ヒエラルキーを無反省、無自覚に強化し続けていることなど、日本のトランスジェンダーを取り巻く状況と無関係ではない。
本ドラマが当事者の間で好意的に受け止められたことは注目に値する。いくつかの原因が考えられるが、大きなポイントは「オペを受けていない(プレオペ)半端者、宙ぶらりん(原作による引用)な身体の状態を前向きに受止めつつも、<女子>として働き、生きるトランスジェンダー」といった、ドラマがプリントアウトした「明るいトランスジェンダーの姿」によるものだ。「トランスジェンダー」「性同一性障害」と言えば、オペに纏わる悲劇や苦痛、性別とアイデンティティ、差別と偏見に悩む「自分探し」のドラマがお決まりのパターンだが、このようなステレオタイプな物語とは、本ドラマは一線を画していた。

今年は四月から国内での性適合手術に保険が適用されるというトランスジェンダーにとってエポックな年だが、同時にオペを前提とした制度、性別判定基準に対して、トランスジェンダーたちへのプレッシャー、バイアスはより高まった。「非常に高くなった」と言っても過言ではない。国内オペ保険適用に焦燥が入り混じった複雑な心境を漏らすトランスジェンダーも少なくない。
そんな中で、プレオペでありつつも生きることにファイトを見せるトランスジェンダー「小川みき」が当事者にどう映ったか、それは想像に難くないというものである。
ニューフェイスとして期待される志尊淳のネームバリューもさることながら、「宙ぶらりん(原作による引用)」なセクシュアリティで、パスして、時々リードされるといった、おそらく「再現するのに難しいトランスジェンダー」の役どころには、彼の俳優としてのスキルも大きく貢献していただろう。今後もドラマでLGBTキャラクターを控える志尊淳だが、名実ともにLGBTアイコンの地位を不動のものとする作品となった。
また若いMtFたちにとってカリスマ、インフルエンサーである「西原さつき」の起用も一躍かっていた。彼女の起用により、若いMtFたちにとってテレビドラマはより受け止め易いものになったはずだ。

f:id:hibari_to_sora:20180211201936j:plain

女子的生活 | NHK ドラマ10

女装・男の娘ブームを引き起こしたクラブイベント「プロパガンダ」時代は西原自身が「ニューウェーブ」的存在だったわけだが、わずか数年で「パイオニア」と呼ばれ、すっかり「先輩」となってしまった。囲んでいるのは若手MtFのユーチューバーたち。若いMtFたちにも「小川みき」のキャラクターは好意的に受け止められたようだ。

さて、概ね好評だったと言えるテレビドラマ「女子的生活」だが、本稿ではドラマ・原作を通じメインテーマであったとも言える「女子的」なるもの、その「女子」とは何かを考えてみたい。
ドラマ「女子的生活」は国内性適合手術の保険適用が進み、トランスジェンダーへのプレッシャーが高まる中、まさにタイムリーに求められるトランスジェンダーを描いた点では評価出来る。しかし、原作が目指し成し得ようとした「女子」を描く点でどうだったろうか。

※これから先、長いので、むつかしー話が嫌な人はとりあえずここから飛ばして、最後の書籍紹介でも読んでくださいw ひばりちゃんより。

続きを読む