レインボーフラッグは誰のもの

LGBT セクシュアリティ ジェンダー系の話題

#Netflix 「 #DEVILMAN Crybaby 」における「同性愛」と「排外主義」

f:id:hibari_to_sora:20180111073658j:plain

1月5日からNetflixで全世界同時配信された「DEVILMAN Crybaby」を観ました。

もはや説明不要ですがNetflixDEVILMAN Crybaby」は誰もが知ってる(知られちゃいけないようですがw)永井豪デビルマン」を原作にしたリニューアル版です。

原作は悪魔(デーモン)と合体しても人間としてのアイデンティティを失わない「デビルマン」と、もともと地球に存在していた「悪魔族(デーモン族)」、そしてポストデーモン時代において地球上の覇者となった「人類」(人間ですね)との三つ巴の壮絶な戦いを描く黙示録的な作品です(さらに圧倒的な力を持つ「神々」の存在があるのですが)。
永井豪の作風だけあって、エロスとハードなバイオレンスが見所ですが、人々が自分とは異なる存在を「悪魔」化し、差別と殺戮を繰り返してきた負の歴史を描くもので、根底には普遍的で重いテーマが横たわっています。また、強力な悪魔(デーモン)である勇者アモンと合体し「デビルマン」となった「不動明」と、かつて神々に戦いを挑んだ堕天使サタンの転生「飛鳥了」の「愛」の物語でもあり、一種のボーイズラブの観点から注目することも可能な作品です(サタン化した了は「両性具有者」という設定ですが)。
それなので、デビルマンを語る論点、切り口はいくつか挙げられます。例えば、アニメーション表現としてのエロス、バイオレンスの表現、あるいは、弱肉強食、カリバニズム、カルト宗教など、人間の「本能」や「欲望」への考察、伝説の魔物や神々がどんな役割を持ち、どう振る舞っているか、人々にどんな影響を与えているか「現代の伝記」としての考証などなどです。
本稿では、NetflixDEVILMAN Crybaby」を「同性愛」や、人種差別、「排外主義」における観点からお伝えしたいと思います。
Netflixで蘇った新生「デビルマン」は、もちろん随所に現代風のアレンジが見られます。しかし、私にとって今までのどの「デビルマン」より原作に近く、そして原作を超えていました。例えば、そこで人々のセクシュアリティエスニシティがどう描かれているかご覧ください。

(「デビルマン」自体は今やコンテクストを共有して楽しむ作品で、その意味では「新しいシェイクスピア」みたいなものです。今更ネタバレも何もないわけですが、映像的にはネタバレを含むみます。映像体験が魅力の作品でもあるので、楽しみたい人は絶対観てからお読み下さい→Netflix

DEVILMAN Crybaby」の同性愛者たち

f:id:hibari_to_sora:20180110175740p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110175920p:plain

まず目を引くのが若者たちに流行るサバトパーティ(ま、一種の乱交パーティですね)での様子です。ゲイ、レズビアンのカップルがごく自然に描かれているのが判りますね。

これを観た時に私はとても好感が持てました。でも同時にゲイやレズビアンのカップルがただそこに描かれていただけで喜ぶ自分がなんだか恥ずかしい気もします。実際のところ「それがどうした?」と言いたくもなりますよね。でもそれなんです。大事なことは。
実のところ、「同性愛者」は日本のアニメで異性愛者と全く同じように「当たり前にいる」という扱いを受けて来たでしょうか。私にはあまり印象がありません。
もちろん、日本のアニメ、漫画は「らんま1/2」や「パタリロ」、元祖「男の娘」と言ってもいい「ストップ!!ひばりちゃん!」などセクシュアリティにおいてクィアな主人公たちを描いて来ました。「君の名は。」に代表的な「セックスチェンジ」はもはや日本のサブカルのお家芸のようなものです。脇役で面白おかしいオカマやゲイが出て来ることも、もちろん多数あります。でも、いずれもそのセクシュアリティの特殊性を取り上げる点で一致し、「世の中に当たり前に存在する人々」としては描かれて来なかったのではないでしょうか…。
ヒーローやヒロインが異性愛者であることは「当たり前」です。そこにエクスキューズも何もありません。でも、それらが「同性愛者」であったり、セクシュアル・マイノリティである場合は「当たり前」ではなく「特別な人格」として描かれて来ました。
だから例えば、乱交パーティの会場で、異性愛者のカップルと同じように当たり前に愛し合うゲイやレズビアンのカップルは、日本のアニメにおいて「むしろ目立つ存在」です。なにしろ「その辺にいる普通の人たち」として登場しなかったわけですから。
本作は前提世界観として、乱交パーティにゲイやレズ(レズビアン)がいても誰も気に咎めない世界ですよ、とオーディエンスに伝えています。それは同時に本作のクリエーターたちが、ゲイやレズ(ビアン)をそう扱っている、ということでもあります。もう、この時点で、たったこれだけのことで、すごいことをしていると言えます。
簡単なことなのにどうして今まで出来なかったんだろうと私自身思います。こんな簡単なことに感動してしまえる自分にも驚いています。

f:id:hibari_to_sora:20180110180645p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110180806p:plain

続いて「ゲイのセックス」も全く過不足なく、ごくごく普通に描かれます。ここには笑いも蔑みもありません。重要なことは、ゲイやオカマを過剰に風刺するステレオタイプな男性ではなく、あくまで「普通の男性」に見える二人が当たり前のようにセックスしている様を描いていることでしょう。

しかし、「同性愛」は「当たり前の存在」として背景に描かれるだけではありませんでした。先ほどセックスをしていたゲイの少年は「デビルマン」の一人でした。ただし、やはり彼が「ゲイであること」にエクスキューズは全くありません。彼がデビルマンになったのは「ゲイだから」ではなく「たまたまデビルマンになった人がゲイであった」というだけです。かつてのパートナーの動画を観て少年が悲しむ様子を描いています。

f:id:hibari_to_sora:20180110180852p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110180933p:plain

デビル化したゲイの少年は力をコントロール出来ず、変身時どうやら自分の愛するパートナーを殺してしまったようです。その悲しみから逃避するため、ナンパした相手との自暴自棄なセックスを繰り返しているようです(が、その相手も食べてしまいます)。
この少年は以後、明に助けられ、一時的に行動を共にすることになります。明は物語の後半から了と闘うために「デビルマン軍団」を創設しますが、本作では明がデビルマンとして最初に仲間になったのが「ゲイの少年」なのですね。もちろん「ゲイだから」仲間になったのでも、「ゲイだから」デビル化したのでもありませんよ。あくまでストーリー上は、明がデビルマンとして最初に仲間になった少年が「たまたまゲイだった」というだけです。
ここまで観て、私はあることに気付きました。もしかしたら、「DEVILMAN Crybaby」がこのように「同性愛者」を描いていることには、何かもっとテーマに関わる深い理由があるのではないか、ということです。

デビルマン」では人々の「悪魔狩り」が鉄板で描かれます。「魔女狩り」と言ってもいいでしょう。そして「悪魔狩り」の犠牲者は実際のデーモン族ばかりはありませんでした。明は家族や恋人のミキを人々の「悪魔狩り」で失い、人類に失望します。
このデビルマン」で描かれる人々の「悪魔狩り」は、歴史的に同性愛者が辿ってきた「迫害の歴史」に符号します。

f:id:hibari_to_sora:20180110182713p:plain

ナチスでは同性愛者の密告者を募り、「ピンクリスト」と呼ばれる同性愛者のリストが作成されました。ゲシュタポに逮捕された同性愛者は推定10万人、その一部の人たちは強制収容所に送られました。収容所で最も虐待を受けた人たちは同性愛者だと言われていますが、もちろん中には同性愛者ではない人たちもいました。つまり逆に言うと、最も酷い扱いを受けさせるために「同性愛者にさせられた人」もいるのです。同性愛者を苦しめた刑法175ですが、弱体化しつつも、実にドイツが再統一する1990年代まで西に存在し続けました。
同性愛を犯罪化する法律は一般に「ソドミー法」と呼ばれます。人の行う性行為のうち特定の行為を犯罪化するためのものですが、特に「自然に反する行為」として「同性愛」がソドミーの対象となりました。「ソドミー」自体は「同性愛」だけを示すものではないはずですが、異性愛者や異性愛による性行為がソドミーの対象になることはあまりありませんでした(一説によると、「同性愛的行為」と「同性愛者」が区別されていた時代もあったようです。また異性愛者が「ソドミーの疑いをかけられる」ということもあるので、ソドミー=同性愛「者」というのでは必ずしもないと言えます)。

ところで「自然に反する」とはいかなる状態でしょうか。宗教的世界観の中でおそらく人間の最も理想的な状態は「神」に近い状態のことでしょう。ではその反対は?
ソドミー」の語源は「神」から天罰を受けた都市として旧約聖書に登場する「ソドム」です。
キリスト教世界観において「ソドム」とは、「悪徳」「背徳」「悪行」の「アイコン」です。そして「神」と対峙する存在は「悪魔」ですね。
ソドミー法」は、「同性愛」を「神」の名の下に「自然の摂理に反する」「悪」とし、それを行う者を「悪魔」化してきた法律だ、とも言えます。

f:id:hibari_to_sora:20180110182148j:plain

DEVILMAN Crybaby」が「同性愛者」を描いているのは、歴史上、神の名の下に人々から「悪魔」化され、迫害を受けて来た人たちが他ならぬ「同性愛者」だから、ではないでしょうか。
だからこそ、本作は「同性愛者を当たり前に描く必要があった」のではないでしょうか。これが意図されたものでないとは、私には到底思えないのですが、どうでしょうか。
作品において同性愛者を「悪魔」化しないこと、つまりそれは「差別して描かないこと」です。いや、もちろん、ストーリーの中でゲイの少年はデビル化しますよ。でもそれは「彼がゲイだからデビル化したのではない」のです。それは誰でもあってもデビル化しなければならないのです。そのためには、たまたまデビル化した少年がゲイでなければいけませんよね? 本作は愚直にそれをやったのです。それは、ゲイが当たり前のように世の中にいて、たまたまキャラクターの一人がゲイであっても、何の不自然もなければ、説明もいらないアニメです。

f:id:hibari_to_sora:20180110182323p:plain

ところで「デビルマン」のコンテクストである『サタンが軍団を率いて神と戦う』叙事史は「ヨハネの黙示録」がモチーフです。本作で牧村家は敬謙なクリスチャンとして描かれています。

f:id:hibari_to_sora:20180110182414p:plain

このシーンでは父の牧村ノエルが息子の太郎にマタイ伝26:52を読んで聞かせています。「あなたの剣をもとの所におさめなさい。剣をとる者はみな、剣で滅びる」。この一節は、有名なもので、聖書を知らなくてもどこかで聞き覚えがないでしょうか。ちなみに続く53「父に願って、天の使たちを十二軍団以上も、今つかわして」は、まさに「デビルマン」のラストシーンですね。

f:id:hibari_to_sora:20180110182521p:plain

ヨハネの黙示録」で描かれる「ハルマゲドン」は日本のアニメ、漫画で非常によく描かれて来ました。はっきり言って「ハルマゲドンだらけ」だと言っても過言ではないくらいです。聖書やキリスト教をよく知らなくても、「七つの災い」は多くの日本人が無自覚に共有しています。第一に獣を印を付ける者、獣の像を拝む者に悪性のはれ物が出来る。第二~第三、海が死人の血のようになって生き物が死ぬ。といったもので、黙示録で描かれる原風景は、アニメが好きな日本人なら実は大人から子どもまで誰もが大好きで、慣れ親しんでいます。例えば有名なもので「ヱヴァンゲリヲン」がまさにそうです。

f:id:hibari_to_sora:20180110185025p:plain

このシーンは了がメディアを占拠し、明が本当は「デビルマン」であると人々に告げてしまう場面です。

f:id:hibari_to_sora:20180110183025p:plain

親友である了に裏切られショックを受ける明。恋人のミキにも知られてしまいます。
これ、何かに似ていませんか? そうアウティングです。

人間と合体した「デビルマン」ですが、平時は人間の姿であるため「デビルマン」であるかどうかは「判らない」のですね。これはゲイで言うところの「クローゼット」です。「デビルマン」は自分から「デビルマンだ」と言うか(カムアウト)、他人が密告しない限り(アウティング)、正体は知られません。
自分が悪魔と合体したことを知られると迫害を受けますから、可能なら隠れていたいし、密告されることは避けたいですよね。これは人々から差別の対象となった「同性愛者の置かれた状態」と似ています。
他の類似する行為によく誤解されていますが、実際の「アウティング」は「同性愛者」固有の問題を巡るものであり、異性愛者には絶対にありません。それがいくら似ているといっても、異性愛者には社会構造上、起こり得ないのが「アウティング」ですが、もしあり得るとしたら、それは異性愛者が「ゲイの疑い」をかけられる、というような事態です。週刊誌やTVのバラエティ番組である芸能人の素行を取り上げて「ゲイ疑惑」などと称しているのをよく見かけますね。それです。まあ、一種の「悪魔狩り」です。

f:id:hibari_to_sora:20180110183156p:plain

本作の「悪魔狩り」は、人々がある人への「ゲイ疑惑」に騒いだり、くだらない「ゲイの見抜き方」に凝る様子が、「人」と「悪魔」という対比に置換されているのだと解釈することも可能です。深読みし過ぎでしょうか。

f:id:hibari_to_sora:20180110183455p:plain

例えば敬謙なクリスチャンの父親にとって自分の息子がゲイであるという事実は、彼にどんな悪夢をもたらすでしょうか。それがもしソドミー法治下だったらどうでしょう。牧村夫妻の息子、太郎がデビル化し、母親の亜樹子を食べている現場を父親のノエルが目撃してしまいます。

f:id:hibari_to_sora:20180110183627p:plain

悶絶するノエル。息子である太郎を銃で撃とうするが出来ません。

f:id:hibari_to_sora:20180110183707p:plain

武装警察の銃撃に容赦なく掃討される牧村家族。例えば、一族に「悪魔」がいることを知られてしまった家族はどうなるか。ソドミー法による犯罪化と迫害が強烈だったある時代、ある国で一族の者が「同性愛者」だと世間に知られることは、家族にとって何を意味していたでしょうか。想像してみましょう。

「ガイジン」とは何か?人間らしさとは?正義とは?

f:id:hibari_to_sora:20180110185125p:plain

悪魔族はもともと地球上に存在していた「古代人」という設定ですが、日本語では「古代先住民」と表記されています。「先住民」…。英語では「Ancient people」と言っています。やや「先住民」のニュアンスからは異なるような気がします。それなら日本語でも「古代人」でいいと思うのですが、なぜでしょうか。
「同性愛者」を悪魔化するソドミー法は世界中に存在しますが、広まってしまった理由のひとつに時の列強国による「植民地支配」が挙げられます。また「植民地主義」による支配下では、その土地の「先住民」が「悪魔」化され迫害の対象となりました。「同性愛者」を悪魔化するソドミー法が世界中に存在しているのは、部分的には人類が植民地主義による侵略戦争を繰り返してきた「名残」だとも言えます。
植民化された土地から宗主国に連れてこられた先住民の人たちは、「奴隷」として異国でも迫害と差別の対象になりました。日本にはソドミー法はありませんが(昔、該当するものが一時的にあった)、植民地主義、排外主義に関しては現在でも心当たりありますよね? ありますよね?

f:id:hibari_to_sora:20180110185507p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110185645p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110185755p:plain

このシーンでは牧村ミキが「ガイジン」と呼ばれ「魔女」「悪魔疑惑」をかけられます。止めに入るBボーイな少年(まるでヘイトデモとしばき隊のお兄ちゃんです)。
日本語ではミキを「ガイジン、ガイジン」と言っていますが、英語では「Foreigner!Foreigner!」です。在日外国人は今や「ガイジン」と「外国人」のニュアンスの差異に気付いていますから、ここは「GAIJIN!!」でも良かったかもしれません。日本人の多くは気付いてないでしょうが、「GAIJIN」はもはや日本語固有の差別語です。でもNetflixはやらないでしょう。「ハーフだ」は「mix」に置き換わっています。
文字数制限もあるようですが、差別的、過激な表現においてNetflixは想定されるオーディエンスに対し微妙にニュアンスを変えているような気もします。本作は一見、過激なエロとバイオレンス表現が見所ですが、それはコントロールされているようです。血が「黄色」なのも、何か理由があるのでしょう。

f:id:hibari_to_sora:20180110185940p:plain

ミーコの死は壮絶であり、また印象深いものでした。ミーコはミキを逃がすために犠牲になります。最後は自決するのですが、このシーンのちょっと前に悪魔狩りをする人間たちに寝返った少年が手に持つ銃を地面に叩き落としています。この時、自分が殺される前に、裏切った少年を殺してもいいし、ミーコにはそれが出来たはずですが、しなかったのです。一方、少年がなぜミーコに銃を向けたのかというと、ミーコが少年の友達を食べてしまったからでしょう。

ミーコは自決する前に人々に問うています。「人間らしくあることとは何か?正義とは何か?」。そして「ミキを生かしてくれ」と人々に頼んでいます。ミキは人間ですから、人々がミキを殺してしまったら、もはやそれは種を超えた生存本能によるものではなく、ただの人同士の殺し合いになってしまいます。
ミーコの自決は「自殺」でしょうか? これは行き場のなくなった「自殺」とは少し違うのではないでしょうか。ミーコは少年や人々に自分やミキを殺させないために自決したのです。先に自分が死んでしまえば、人々に、少なくとも少年には自分を殺すことは出来なくなります。少年の銃を叩き落としたのは、少年への攻撃ではなく、少年に武器を手に取って欲しくなかったからです。
元旦『朝生』でウーマンラッシュアワー村本大輔さんが、非武装中立を訴えメディアで大バッシングを受けました。『朝生』でウーマン松本さんは次のように演者と応答しています。

f:id:hibari_to_sora:20180110190058j:plain

村本「だって、だってもし皆さんの身内に、自衛隊とか軍隊がいて、その身内が人を殺して国を守ることって......」
井上「じゃあ自分の身内が殺されるってときに、敵を殺さないと自分が殺される状況に置かれたらどうするの?」
村本「じゃあ、殺されます」
落合「なんで?」
村本「だって誰かを殺すわけでしょ?」
井上「いや、そういうことを言う人は多いの、ね? で、僕はそれはほとんど欺瞞的で......」
村本「僕の考えは僕の考えでいいでしょう!」

ウーマン松本さんの言っていることと、ミーコの行動は大部分一致します。ミーコは「自殺」ではなく、人に人を殺させない「正義」のあり方のひとつとして、それを実行したのだと言えます。

ミーコが少年の友達を食べてしまったのはデビルパワーをコントロール出来ず、人としてのアイデンティティを失ってしまったからです。しかし、ミキに自分の気持ちを打ち明けることで、ミーコは人としてのアイデンティティを完全に取り戻します。

f:id:hibari_to_sora:20180110190701p:plain

この時の様子は、「同性愛」とは言い過ぎのようですが、しかし「友情」と言うには何か物足りない、「愛」を感じます。
「愛」に気付いたミーコは以後、デビルパワーを人を殺すために使おうとはしませんでした。ミキを生かすために使い、人に対しては自ら封印した(自決した)のです。

「共感力」と「愛」

f:id:hibari_to_sora:20180110190951p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110191039p:plain

サタンの化身である了は頭脳明晰でしたが、人に備わるはずの「共感力」が「欠如」していました。粉々になった月を見上げ「あれではウサギは生きていないだろう」と語るラストシーンは、了の人としての変化をよく表しています。なにしろ実際に生きている生き物にすら「命」を感じることが出来なかったのが了でした。

f:id:hibari_to_sora:20180110212204p:plain

「共感力」を持たない了の振舞いに、明はよく泣いていました。副題の「Crybaby」、つまり「泣き虫」です。「泣く」ということは、本作品では「共感力」のひとつの現れとして位置付けられています。実際、本作ではデビルマンとなった明がよく泣いています。しかし「泣いているのは了であり、了こそが泣いているのだ」とかつて明に伝えられたことを了は最後に思い出します。本当のCrybabyは自分だったと了は悟るのです。了が明への「愛」に気付くことで「共感力」を持ち得た瞬間でした。

f:id:hibari_to_sora:20180110191430p:plain
全編を通じて「バトンタッチ」の回想シーンが繰り返し挿入されますが、最後のバトンが了には届きません。これは「共感力の欠如」や「ディスコミュニケーション」を表しているようです。「共感力」は本作において「愛」により獲得されるものだと推定されるので、おそらくこの「バトン」は「愛」の象徴でしょう。

f:id:hibari_to_sora:20180110192834p:plain

了はなぜ両性具有体なのか 神様のセクシュアリティ

来るべき神々の襲来に備えサタンである了は悪魔軍団を準備しなければなりませんでした。しかし、あろうことか、サタンの了が、アモンと合体した明を好きになってしまうことで計画がとん挫します。これは「デビルマン」のお約束の見所です。

サタンとして完全覚醒した了はこのように「両性具有者」として描かれています(「天使」ですね。※了はデーモン族ではない。エイリアンです)。

f:id:hibari_to_sora:20180110192923p:plain

f:id:hibari_to_sora:20180110191344p:plain

しかし、明への「愛」に気付き、明に寄り添う了の姿はどう見えるでしょうか。両性具有体とは言え、どちらかというと「女性」のように見えません? 見えますよね? 見えますよね? 了ちゃん可愛いですよね?

えっと。明と了は男性同士ですから、極端な話、これがガチムチの男性同士だったらどうでしょうか。少なくともヘテロセクシュアルには見難いものになるでしょう。ではいっそ了が完璧に「女性」だったら? 設定がまるで違ってしまいます。それでは私たちのよく知っているあの「デビルマンの物語」ではなくなってしまいます。
度々、人間の進化した究極の姿として両性具有体が描かれるのはなぜでしょうか。また世界の神々は時として両性具有体か、あるいは男性だけど女性らしいスタイルで人々の前に現れます。それはなぜでしょうか。

f:id:hibari_to_sora:20180110192617j:plain

「神様」はより多くの人々に崇高なメッセージを伝えるための「媒体」、入れ物のようなものです。その入れ物である身体や性の属性が、ある傾向に偏っていたら、どうでしょうか。「神様」が存在する目的から言えば、それが男性には好まれるけど、女性には好まれない、大人には好まれるが、子どもには好まれないといったような偏向を持たない方が良さそうですね。
おそらく「両性具有体」は万人に向けてメッセージを発信する時、「都合が良い」姿なのではないでしょうか。それは「神様」がより多くの人々から「愛されるため」であり、また人々が平等に「共感を持ちやすい」の姿なのだと言えます。

「共感力」が欠如していた了が多くの人々から愛され、共感されるための「両性具有体の天使」の姿で描かれていることはある意味、示唆深いものです。
ラストで「この気持ちは何だ?教えてくれ明!」と叫ぶ了ほど「愛おしい」という言葉が相応しい存在はありません。私がトランスジェンダーだからでしょうか。この時の了には激しく感情移入してしまいます。
さて、この二人の「愛」は、「同性愛」でしょうか、「異性愛」でしょうか…。
はっきり言って、そんなことはどうでも良いことですよね!!
だって、もう「男女」とか「性別」を超えてますもん。ですよね?
だからラストシーンは、男性にも、女性にも、異性愛者にも同性愛者にも、そして私のようなトランスジェンダーにも、とても「見やすい」「共感し易い」ものになっています。

f:id:hibari_to_sora:20180110200857p:plain

誰もこの二人を「ソドミー」(自然でない、悪徳)だと非難できませんし、する気にもなれないでしょう。

「共感力」が人一倍強かった明は悪魔と合体しても、人としてのアイデンティティを失いませんでした。また、以後、それを維持したのはミキへの「愛」だったと言えます。了は明への愛に気付くことで「共感力」を獲得します。ミーコはミキへの自分の気持ちに素直になることで、自分自身を取り戻しました。彼女の「愛」は自己犠牲による「正義」として結実します。

f:id:hibari_to_sora:20180110220521p:plain

DEVILMAN Crybaby」において「Crybaby」とは一種の「共感力」であり、他者を慈しむ「愛」の現れであり、本作を一貫するテーマだと言えます。

Crybaby

「同性愛」は1970~1990年代までに脱病理化へ向けて歩みだします。それと共に同性愛者たちを苦しめたソドミー法も各国で撤廃されてゆきます。ところが、同性愛者らを悪魔化したのは、ソドミー法や疫学カテゴリーだけではありませんでした。例えば1980~90年代「ゲイキャンサー」と呼ばれ人々をパニックに陥れたHIV/AIDSです。北米でのエイズ危機は、それまでゲイコミュティが築き上げてきたリノベーションに超大ダメージを与えました。しかし、エイズ危機に対する同性愛者たちの活動は、結果的にはアートや音楽、映画に多様な影響を与え、フェミニズムや人種差別開放運動など他の人権運動に波及します。

f:id:hibari_to_sora:20180110193630j:plain

Dumb Type

度重なる困難を乗り越え、同性愛者たちが勝ち取ったものは何だと思います?
「権利ガー!権利ガー!」の「権利」ですか?

 

違いますね。

 

まあ、それも大事ですけどね、全然違いますね。くそったれです。

同性愛者たちが幾度の困難の中で勝ち取ってきたものは、人を「好きなること」「愛すること」の「意味」です。
どうやったら愛せるか?人を好きになるということは一体どういうことか。同性愛者たちは考えて来ました。ある時は絞首刑になりながら?ある時は家を焼かれたり、またある時はガス室に入れられ?またある時は道端を歩いていただけで銃で撃たれたりしながら?です。はい。
そう。同性愛の歴史はまさに「Crybaby」、「共感力」と「愛」について人々が考え抜いた「歴史」だと言えます。

私の「同性愛」と「排外主義」によるいささか強引で身勝手な「DEVILMAN Crybaby」の解説はこれで終わりです。
もちろんこれは強引な解釈です。自分でもそう思います。
でも、「同性愛」や「排外主義」など現代のアクチュアルな社会イシューを用いて読み解くことも可能な点が「DEVILMAN Crybaby」の「新しい」ところではないでしょうか。

余談ですが、アニメーション表現としてはおそらくNetflixのようなネットを使った動画配信でないと、まずもって全く不可能だったと思われます。昨今では素晴らしいアニメ作品を創出しながらも、日本のクリエーターたちの過酷極まりない、劣悪な労働環境と絶望的な低賃金が告発されています。
本作がそうした日本のアニメ業界の体質に一石を投じるものになればいいと思います。
そして、こんなに素晴らしい作品を創ってくれたクリエーターたちにリスペクトと称賛を惜しみなく贈りたいと思います。

ありがとう。DEVILMAN !!
ありがとう。Crybaby !!
ぐっじょ!

 

【おまけ】

この他、本作の面白い見所です。

f:id:hibari_to_sora:20180110194438p:plain

・「デビル走り」
「ナルト走り」を見飽きたあなたに。「ナルト走り」は真似する人続出でしたが、これはどうでしょうか。真似するのは、ちょっと難易度高そうです。

f:id:hibari_to_sora:20180110202711p:plain

・Bボーイ?

これは原作の不良グループが現代風にアレンジされたものでしょうか。

f:id:hibari_to_sora:20180110194536p:plain

・了ちゃんのATフィールド
了ちゃんの「心の壁」みたいなものでしょうか。ヱヴァっぽい技。それにしても、了ちゃん、可愛いですよね。

f:id:hibari_to_sora:20180110194613p:plain

・了ちゃんカッター??
え? デビルカッターならぬ、珍しい了ちゃんカッターです。了ちゃんの戦いっぷりにはこの他、お楽しみ盛りだくさんです。

f:id:hibari_to_sora:20180110194656p:plain

・安定の戦力サイコジェニーさん
好きです。ストラップとかあればスマホにくっ付けておきたいものです。

f:id:hibari_to_sora:20180110195327p:plain

・オナニーばっかりしてるシレーヌさん
シレーヌさんは性欲の塊のようでした。いやはや。

f:id:hibari_to_sora:20180110195404p:plain

・漢気のカイムさん
デーモン族なりに任侠を貫いたカッコいい奴。

f:id:hibari_to_sora:20180110195942p:plain

・合体しながら戦う明くんたち
明くんを他のデビルマンがバックアップしているんですね。了ちゃん強すぎるので。身を呈して明くんに合体しています。デビルマンの「連帯」が見られます。

f:id:hibari_to_sora:20180110200105p:plain

・本当の敵の神様たち
本当はこの人たちと戦わないといけなかったんですけど。ちなみに了ちゃんより何倍も強い人たちの集団のようです。