レインボーフラッグは誰のもの

LGBT セクシュアリティ ジェンダー系の話題

「ふともも写真」「百合展」とセクシュアルマイノリティ

このエッセイは、蛇さん(@crowserpent)への反論を含むものです。Twitterでは長くなるし、ツイートは一時のもので、議論の場を固定出来ません。それでブログに移行します。 ネットの炎上を受けて中止されたマルイの「ふともも写真の世界展 2018 in 池袋」、続いて「急遽中止」となった「百合展2018」が議論の前提です。 なお「百合展2018」の中止はマルイの表現に対する自主規制と言うより、「ふともも」を中止したことで「整合性が取れなくなったため」であり、「ふともも」中止の「余波」と考えるのが妥当なようです。

news.nicovideo.jp

これまでの議論の流れ

「ふともも写真」「百合展」とセクマイの性表現について~蛇さんとブレンダさんの議論

今読むとかなり自分も乱暴なことを言ってますね。ちょっと恥ずかしいです。

はじめに

はじめに自分の考えを述べておきたいと思います。実は「ふともも展」中止のニュースを知った時「少し行き過ぎではないかな」と感じていました。「百合展」に関しては、どちらかと言うと衝撃的でした。

「ふともも写真」は、一部、過激ではあるものの、猥褻な性表現と言うより、極めてソフィスケートされたものに見えました(しかし、それが「問題」なのですが)。作品のチョイスにも寄りますが、ファッショナブルな性表現としてデパートに展示されることがあったとしても、不自然ではなさそうです。なぜならば、デパートの主な客層と言えば年齢幅広く「女性」が主体であり、女性のファッションを扱う専門店が集中しています。つまり、コマーシャリズムによってソフィスケートされた「女性のイメージ」が既に氾濫している場所でもあるわけです。例えば、デパートのコスメのフロアを想像して下さい。

「ふともも写真」は、女性の身体の部位を近視眼的に切り取り、それに人工的な加工を行っています(これ自体、もはや珍しいことではないはずですが)。それは女性の身体の記号化であり、その集合、反復が何を意味しているか、突き詰めて考えれば、およそ非人間的、非人道的なものだと言えます。故に「ふともも写真」が一部の女性たちによって批判されるのは必然性のあることだと考えられます。しかし、デパートの中を見渡してみると、「ふともも写真」以前に、既にそのような非人間的、非人道的にトリミングされ、コピーされ、再構成された女性の部位、身体にわたしたちは包囲されています。その中で再び「ふともも写真」に目を向けてみるとどうでしょうか。「ふともも写真」は、氾濫する広告イメージに比べると、むしろ「地味」であり、「野暮ったく」、意外と「生々しい」ようにも見えるのですが…。

わたしたちが女性の身体を分解し、そこから女性一人一人の個性を排斥したイメージを「当然」としている以上、それを意図的に手法化する性表現の登場もまた「当然」のことです。そして、現代のアート表現がコマーシャリズムにおけるイメージの投影それ自体を主題化、手法化することも、もはや馴染み深いものです(作者がそれを意図しているかどうかは関係ありません。表象論として「そう読み取れる」なら、そのような解釈と分節化が可能だということです)。
そうした時、何が起こるか?ということですが、記号の反復の中で消費出来ないものが可視化される、というようなことが起こるわけです。
例えば、2016年に行われた個展では会場を「無数のふともも」が埋め尽くしています。ある小スペースの一角では四方の壁が「ふともも」で埋まり、入館者は「ふともも」に閉じ込められます。「若干の狂気」と作者がコメントしていますが、ここまで来ると、確かにただのエロコンテンツに収まらないものを感じます。

f:id:hibari_to_sora:20180318123003j:plain

f:id:hibari_to_sora:20180318123038j:plain

作者が「ふともも写真」制作の過程で行っていることは、モデルの「顔」や「身体」の排除であり、身体の痣やシミ、黒子、シワの消去であり、それは「個性」の否定です。しかし「ふともも写真」の興味深い点は、人間性の排除を繰り返すことで、逆にある種の生々しさ、「個性」や「ドラマ」の「ようなもの」が回帰することではないでしょうか。
(念のために申し上げておきますが「人間性の排除」を推奨しているのではありません)

この効果は「ギャラリー」という場所と「インスタレーション」という手法により可能となるものですが、そこで何某かを感じたとったオーディエンスは無数の「ふともも」に囲まれながら立ち止まることでしょう。世の中は「個性」「個性」と言うけれど、結局、わたしたちが信じる「個性」とは一体何だろうか?と。美しいイメージの向こう側にある、何かドロッとしたものの存在に気付くのです。
しかし作者の「ゆりあ」さんという方は、美術作家としては何か素人のようにも感じます。明確な意図やテーマがあったわけではなく、インスタレーションの結果には、たまさか辿り着いてしまったようにも見えます。記号化された「ふともも」の果てに何があるのか、自分の作品の集積が何を生成しているのか、どこに向かうか、その能力に作者自身が気付いてすらいないように思えるのです。

 「ふともも写真」は、ある時はデパートの中に氾濫するソフィスケートされた女性のイメージ群に似ています。またはよくある男性誌のグラビアによく似ていますが、「同じ」ではないかもしれません。その「違い」が作品を作品たらしめていると考えられます。もし、これが女性の個性を非人間的に排斥し、女性を性的に消費するものだからデパートに飾るのがいけないのだとしたら、既にデパートの中にある膨大な女性の広告イメージ群とマーケティングをわたしたちは、一体どう考えればいいでしょうか。

次に「百合展」ですが、本展に限らず、一般に「百合」と言った場合には、そこには様々な多くの作品が含まれ、中にはヘテロ男性の性欲を満たすためだけにあるような性的コンテンツも数多く存在します。しかし、本展で選出された作品、作者はいずれも真面目に女性同士の「友情」や、あるいは「友情」以上の関係性を描くようなものばかりです。
これを「ヘテロ男性のポルノだ」と言うのは相応しくありませんが、実直に女性同士の関係性がモチーフだったとしても、それがどう消費されるか、どんな目で見られているか、といった問題は別にあります。
少し前に「女性の街」が炎上しました。その前には(以前からですが)「女性専用車両」が炎上しています。見方を変えれば「女性の街」や「女性専用車両」は「百合の世界」です。なにしろそこには男性が大好きな「女性」しかいないわけですから。でもどうでしょうか。「女性の街」や「女性専用車両」は「レズビアン分離主義」「男性差別」として人々から総攻撃を受けました。ところが、「ふともも写真」や「百合展」を「レズビアン分離主義」「男性差別」として攻撃する男性、女性は…まあ、いません。なぜですか? 当たり前だと思います? これはおかしな話ではないでしょうか?
「女性の街」や「女性専用車両」は男性から攻撃を受けますが、「ふともも写真」「百合展」は男性から攻撃を受けることはまずないでしょう。なぜこのようなことが起こるでしょうか。
リアル、ヴァーチャルと関わりなく、「女性のもの」とされる「物品」「身体」「イメージ」「概念」「場」「物語」「カルチャー」…ect…これらは、男性から「攻撃を受けるもの」と「攻撃を受けないもの」に分類出来ます。
「女性の街」や「女性専用車両」が男性から攻撃を受けるのは、それが男性に全くと言っていいほど奉仕しないからです。一方で、「百合」はその内容がいかに真摯なものであったとしても、男性に奉仕するので(男性社会に批判的な百合があるとしても)、男性から攻撃を受けない、受けにくいのです。

あくまで一般論ですが、男性の性的欲望の対象が女性である以上、百合作品はいつでも男性から性的な目で見られ、消費される可能性があるわけです。もちろん、それ自体は「自由」だし、男性が女性を性的な目で見ることは自然なことです。断っておきますが、私は男性が女性を性的な目で見ること自体を批判したいとは思っていません。同様に女性が女性を性的な目で見ることも、女性が男性を性的な目で見ることも、それ自体は悪いことではないでしょう。
ところで「男性」とは、「ヘテロ男性」のことですが、ヘテロ男性は女性ばかりを性的欲望の対象としない、と言ったところで、それは私にとって「あまり意味のない批判」です。
私がここで言いたいことは、どのような「百合」であっても、それはヘテロ男性の性的欲望の対象となるリスクを抱えている、ということです。
どんなに作者が頑張っても、どんなに価値のある作品だったとしても、精液にまみれたティッシュのように使い終わったらゴミ箱に投げられるリスクと隣り合わせにあるジャンルが「百合」です。
「百合」が男性から支持され、攻撃を受けないのは、男性がそれをいつでも消費出来るからです。

「作品」を「売る」ことはするが「守る」ことはしない運営・主催者

両展覧会の中止について私は「残念だけど、これは仕方ないな」と思いました。なぜならば、展覧会にあたって、企画者や主催者は、作品や作家を売ろうとはしていますが「守ろう」とはしていないからです。

具体的には、他の世の中に氾濫する女性のイメージと作品を差別化し、固有の価値や、展覧会の意味、意図を説明し、人々に理解を求めていません。

例えば「ふともも写真」は、作者や、作品を語る言葉が決定的に不足していると感じます。プロモーションは「明るく」「健康的」なイメージであり、女性が近づきやすいムードを演出しています。それはおよそ「成功した」のでしょう。成功し、多くの女性の目に触れるようになったからこそ「炎上した」と言えます。しかし、いくら女性に親和的なイメージであっても、あるいは女性の作家が作ったものであったとしても、女性の批判に晒される時は晒されます。

「ふともも写真」は、インスタレーションによっては、見え方が変わるものの、単体では刺激的なポルノグラフィでしかなく、男性誌のグラビアやAVのジャケットと見まがうものすら見受けられます。いくら女性ファンが多いとか、ヘテロ男性にも女性を性的対象にしない人がいるなどと言っても、これをポルノでないとすることは極めて困難です。活動規模が大きくなれば社会的影響から、より説明責任が求められます。
作品がポルノである一方で、他のポルノとは異なる意味、価値があるとしたら、どこに注目してもらい、どう理解してもらうか。言葉も、見せ方も規模によって工夫する必要が生じるわけです。
私は、活動が一定レベルに達したら、実績のあるキュレーターや批評家にしっかり金を払って評価を求めるべきだと思います。作品の価値を認める言葉を評論でも、コメントでもいいので、プロモーションに導入すべきです。
「女性の“ふともも”をテーマにフェティシズムを追求し、アートへと昇華する写真家・ゆりあ」などというキャッチコピーは、規模が大きくなるほど作品や作家への批判を刺激するだけで、批判を抑制したり、批判から作品や作家をガードする力はありません。

作品の価値や展覧会の意図を語る言葉が不足している点は「百合展」も同様です(百合展は内容が批判されたわけではありませんが)。「百合」と言った時に何が「百合」であるのか、十人いればきっと十通りの「百合の定義」が存在し、そのどれもが本人にとってはかけがえないものでしょう。「百合とは何か」。百合ファンが集えば言葉は尽きないはずです。「百合展2017」では脚本家「綾奈ゆにこ」の寄稿があるものの、本展が何を目指そうとしているのか、統括するテーマや意義が例年を通じて不明瞭です。「百合」の綺麗なイメージだけが先行し、例えば、選ばれた作品や作家の紹介があまりにもチープであることには驚きます。オフィシャルサイトの作家紹介は一見して使い回しのようです。ただ「百合展をやるよ」と伝えているだけで、あとはカタログ的に作品と作家が並べられているだけなのです。なぜ作品や展覧会の価値を高めようとしないのか。なぜ作家をもっとしっかり紹介しないのか。なぜ毎回内容を刷新し、新しい作家や作品を開拓しないのか。
先ほども述べたように、「百合」は内容が何であれ、男性の性的コンテンツとして消費され易いジャンルです。それはポリティカル・コレクトネスの標的になり易いということです。今日日、とても「無防備」に見えます。展覧会や作品の価値を言語化する手間、コストをかける気がないということは、運営は作品や作家を売る気はあるが、守る気はない、ということです。
炎上したら「ひとたまりもない」でしょう。

両展に共通しているのは、企画者、主催者が作品、作家を「売ろう」とは尽力しているが、決して「守ろうとしていない」ということです。本当は、誰も作品や作家を愛していないのではないでしょうか。本当は、誰も「性表現」を大切にしたいなどとは思っていないのではないでしょうか。そこにあるのは、ただ「売りたい」ただ「消費したい」欲望、それだけではないでしょうか。

セクシュアルマイノリティの存在を盾にしないで

さて、前置きが非常に長くなったのですが、本題です(本当に長いですよね。自分でも困惑しています)。
「ふともも写真」「百合展」の中止にあたって「セクシュアルマイノリティが排除された」などという意見が見受けられます。
典型的なものを挙げておきます。

なお蛇さんとの議論も「セクシュアルマイノリティの性表現」を巡っています。
森さんの意見は取り上げるのもバカバカしいのですが、少し触れておきます。ここでひとつポイントがありますが、森さんの言うかつての「百合族」「レズビアン」「百合」と、現在「百合」と呼ばれているものは「もはや全くの別物だ」ということは大前提です。
語源や、歴史を辿ればそうですが、そんなこと言ったら、日ごろ使っているどんな言葉でもそうですよね…森さんにとってあくまでも個人的に「百合」と言えば「レズビアン」のことだ、と言うのであればそれは自由だと言えますが。

「百合」には確かにレズビアンが登場することもありますが、必ずではなく、ヘテロ女性同士の友情、ないしは友情以上の愛情、しかし同性愛までは行かないといった、極めて機微に富むものもあります。仮にレズビアンを描いていたとしても、それが過度に美化されていたり、偏見がないかというと限りません。また現実に「正しいレズビアンのあり方」などというものはないのだから、虚構において「正しく」レズビアンを描かねばならないかというと、その必要も一切ないわけです。
それなので「レズビアンをよく描いている」作品もあれば「そうではない作品」ももちろんあるわけですし、それ自体は即座に批判出来ないでしょう。作者はそう描きたかったのだし、ただそれはそこにそう描いてあるだけです。
何が言えるかというと、「百合」は「同性愛」や「レズビアン」を描くこともあるが、だからと言って「百合」=「同性愛」、「百合」=「レズビアン」ではない、ということです。
また「百合」(「BL」にも言えることですが)は、本来「百合」(「BL」)として描かれてないものをそう「見立てる」ことで楽しむことも可能です。こうした「百合」「BL」の嗜み方も含めると、必ずしも「百合」(と見なされる作品)が=必ず「百合」(として描かれた作品)だ、とも言えないのですね(「BL」も同じく)。
従って、「百合」とは、ある特定の表現ジャンルであると同時に、特定されない表現の楽しみ方、一種の「作法」「様式」だと言えます。これに対して「同性愛」というのはどうでしょう。現在、わたしたちが「同性愛」と呼んでいるものの正体は、ヘテロノーマティヴィティを前提とする世界における特定の性指向性グループを定義しています。厳密に言えば、もはや「同性愛」=「レズビアン」でもないということです。例えばヘテロノーマティヴィティにおいて「あの人はレズだ」「あの人はホモだ」などと称される場合、その人は必ずしも「同性愛者」ではないし「同性愛」それ自体を指示しているわけでもないのです。ヘテロ女性がレズだと蔑まされているだけかもしれません。いわゆる「疑惑」をかけられている状態ですね。
大事なことなのでもう一度言います。驚くべきことですが、実は「同性愛」=「レズビアン」ではないし、「同性愛」=「ゲイ」でもないのです。「レズビアン」は正確には「レスビアンのアイデンティティを持つ人」です。そしてその「レズビアンアイデンティティ」も一様ではないのです。あるレズビアンが「同性愛」や「LGBT」や「百合」をどう考えているかは、全く、全く他人がうかがい知れないことであり、安易に人が決めていいようなことではないのです。そして「勝手に人が決められない」というその価値、尊さを訴えるために「LGBT」という言葉は本来あるはずなのですが、そうではなくLGBTセクシュアリティの分類と整理・整頓がその本質であるかのような説明を講師や、非常勤の研究家が猛々しい天狗のようにあなたに伝えていたら、それは100%間違っています。信じないようにして下さい。でも「間違ってる」と言葉にしてはいけません。あなたの成績が落ちるからです。心の中で海外ドラマの主人公のように「Bull shit !」と呟きましょう。

話を戻します。「百合」はしばしばレズビアンを描いていますが、だからと言って「百合」=「同性愛」ではありませんし、さらに言えば「同性愛」=「レズビアン」でもないのです。それぞれ位相も系も異なる概念です。だから、森さんは大変、雑なことを言っています(語源どうちゃらはほとんどどーでもいいことです。今、人々がどう使ってるか、どんな意味を持つかです)。「百合」をレズビアンの人たちは楽しんでいるでしょうが、「百合」=「レズビアン」としてしまったら、少なからずのレズビアンは不快だと感じるでしょう。「百合」が不快なのではありません。「百合」=「レズ」=「同性愛」という等式の「押しつけ」がです。
「百合」を擁護するとき、レズビアンの存在を持ち出すこと、あるいは「BL」を擁護するときゲイの存在を持ち出すことは、この「等式」をレズビアンやゲイの人たちに「押し付けている」のです。ある表現領域を守るために、特定のマイノリティグループを枠の中にはめ込もうとしているのです。
止めて下さい。時にはそう言わねばならないこともあるかもしれません。ですが、大抵の場合、あなたは差別に闘っているつもりで、既に差別を冒しています。
結局のところ、デパートでたまたま「百合展」が中止になったとしても、レズビアンの人たちはそれで困ったりしません。なぜならば、レズビアンがデパートから排除されたわけでは全くないからです。
レズビアンがデパートから排除されるような事態とは、デパートが明確にレズビアンの人たちを職場や、売り場から排斥したり、その利用を拒んだ時です。
「百合」の同性愛的な傾向が攻撃されたという仮説はどうでしょう。しかし今回の場合、「百合展」の中止は「ふともも写真」の余波であり、「ふともも写真」はなぜ批判されたかというと、同性愛表現として攻撃を受けたわけでは全くなく、それが単に「ヤバいポルノ」に見えるからです。「ふともも写真」が批判されたのは「同性愛」や「百合」や「レズビアン」のせいではなく、あくまでも、それを数多あるヤバいポルノと一緒にされないための努力を怠った主催者や作者にあるのです!それを守るために?なぜレズビアンが?セクシュアルマイノリティが?表に出ていかねばならないのでしょうか。
全くバカげています!
呆れてしまいます。一部のポルノも「百合」も、女性を描いているわけで、それを楽しむ人たちの中にレズビアンは含まれますが、その大多数はマジョリティの女性であったり、男性ではないでしょうか。「マジョリティの性表現を一部のマイノリティも楽しめる」というだけのことです。
マジョリティが単に怠慢で自分たちの表現を守り切れず、別のマジョリティグループから批判を受けたわけですが、その尻拭いをなぜ一部のマイノリティが担う必要があるのでしょうか!!

ところで、「百合」・「BL」を擁護するときレズビアンやゲイの存在は全く必要ないでしょうか。そもそも「問い」がおかしいのですね。「百合」・「BL」がしばしばレズビアンやゲイを対象化するのだとしたら、「百合」・「BL」ではレズビアンやゲイのレプリゼンテーションに配慮するべきです。これは製作者がレズビアンやゲイだったとしてもです。レズビアンやゲイが「百合」・「BL」を守るのではなくて、「百合」・「BL」が彼ら、彼女らを傷つけないよう気を配るべきです。
そして無闇にレズビアンやゲイの差別だ、などと言うべきではないでしょう。その瞬間、レズビアンやゲイの人たちは、「百合」・「BL」によって自由を奪われるのです。
「百合」・「BL」が本当に大切なら、これは「女性のものだ」とか、「エロコンテンツとして容易く消費させるつもりはない」だとか、まずストレートにその価値や意義を世間に向けて訴えればいいのではないでしょうか。

「ふともも写真」を「マイノリティの表現」として人々に認めさせるのは、およそ「百合」をそうするより難しいでしょう。「ふともも写真」に「百合」要素はありますが、批判を受けているのはそれが「百合」だからではなく、「エロ」だからであり、それも単純に「危ないポルノに見えるから」です。スクール水着の少女に見える写真などは、時と場所によっては所持しているだけでアウトになりそうです。
そこでいくら「マイノリティ」を出しても、いくら「女性に人気がある」と言っても、エロコンテンツであることの批判は免れないでしょう。「ふともも写真」の擁護は、それがポルノであることを認めた上で、ポルノをデパートに展示することの意味を愚直に説明するしかないです。「これはポルノだけど、ただのポルノではない価値があるんだ。それは…」と真顔で作品を解説し、人々を説得するのです。それをやればいいと思うのです。
しかし、見たところ主催者も作者もそれをする気はないようです。

わたしたちは今日日、無数の性表現に囲まれて生活しています。「性表現だらけ」です。この中である特定の性表現だけを取り上げ批判するのはとても困難な状況になりつつあります。これがダメでこれがOKなのはなぜなのか、人に判ってもらうのは体力と精神を擦り減す、しんどい作業です。同様に、ある特定の性表現固有の価値を見出すことも、やはり本当に骨の折れることでしょう。
この作品にどんな価値があるのか。なぜこれが良いものなのか。それが駅の構内や、デパートの中にあるイメージ群とどんな違いがあるのか。人々に理解させるには、それだけの情報を人に伝えねばならないし、受け取る人にも、情報を解析し、意味を見出せるだけのリテラシーが必要です。
ゾーニング」と言いますが本当に「ゾーニング」するだけで解決するでしょうか。「ゾーニング」しても作品の価値を語る言葉やそれを理解する知性、管理する理性・能力を持たなければ、「ゾーニング」先でも「これは何か?」と問われ続け、その度にわたしたちは泥の投げ合いを強いられることになるでしょう。
今回の炎上では「デパート」という場所が問題になりました。しかし「デパート」でなくても、それ以外の「ギャラリー」でも、「ネット」でも、「どこであっても」、人の目に触れる以上は、何の断りもなく、説明不要で、勝手に表現していい物・場所など「もともとない」のかもしれないのです。
人々のジェンダーセクシュアリティへの意識が高まっている昨今、自ら作品の価値を説明する手間やコストを放棄した性表現など、いかにそれが素晴らしいものであったとしても、ポリコレで淘汰されても仕方ないと思います。いや、その方が良いでしょう。
それは運営者や作者の怠慢に他なく、それでひとつ企画展が潰れたぐらいで、何か人々に重大な不都合でもあると言うのでしょうか。ないです。そんなもの、1ミリも認めるべきでありません。
少なくとも、セクシュアルマイノリティも、女性も、デパートからポルノひとつ消えたぐらいで何も困りません。ひとつでも減って快適だと感じるセクマイや女性の方が多いかもしれません。
不都合や不利益は展覧会のために働いた人たちです。投資分は焦げ付くわけで、泣いた業者もいることでしょうし、これだって雇用を生んでいるわけで、末端の労働者は辛いでしょう。信用の失墜、イメージダウンを含めるとたかがエロコンテンツの展覧会でも損失は計り知れません。
人々はジェンダーだの、セクシュアリティだの、ポリコレ棒だの笑いますが、なぜもっと性表現について真剣に考えないのでしょうか。本当にそれが大事なら、どうして正面からしっかり説明し、人々を説得しようとしないのでしょうか。

 

参考URL

ふともも写真館

百合展2018

「ふともも写真の世界展」レポ 狂気すら感じる360度ふとももの世界! - KAI-YOU.net

ふともも写真家~女性のふとももを撮り続けるゆりあさんにインタビュー - Excite Bit コネタ(1/3)

4年間で1万5000枚! ふともも写真家が語る“太もも”の美学とは【画像あり】 | ダ・ヴィンチニュース

【開催中止】池袋マルイで「ふともも写真の世界展」 - ファッションプレス

togetter.com

togetter.com

蛇さんへの反論

ここでは異性に性指向性を持つ男性を「ヘテロ男性」と定義しています。ゲイを襲っているのはヘテロ男性です。またある条件下ではヘテロ男性は性的欲望を満たすために男性を選びます。一般に男性の圧倒多数は「ヘテロ」です。ですから、単に「男性一般」でいいのですが、わざわざ「ヘテロ男性」とするのは、それ以外の男性の存在を含意しています。またヘテロ男性にも様々な人たちがいます。それが「ヘテロ男性のポルノである」という指摘は、それだけでヘテロ男性の様々な可能性や、ヘテロ男性以外の人たちへの差別とはなり得ません。ヘテロ男性が消費するポルノを、ヘテロ男性以外の人たち、女性や、あるいは他の性的マイノリティも消費します。

マイノリティが主題化されていなくても、マイノリティは攻撃を受けます。しかし、「ふともも写真」の批判が「同性愛」や「レズビアン」「LGBT」への攻撃でないことは明らかなことです。攻撃を受けているのは所かまわず、対象を問わず女性をポルノ化し、消費する「ヘテロ男性」です。次いで「ヘテロ男性」に迎合する「ヘテロ女性」でしょう。「ふともも写真」をセクシュアルマイノリティも楽しみます。また見方によっては「ふともも写真」はレズビアンセクシュアルマイノリティ)を描いているようにも見えます。でも、今回一部の人々の顰蹙をかい、叱られているのはセクシュアルマイノリティではありません。叱られているのは大人の、マジョリティの男女らです。

似ているように感じるかもしれませんが例題ではむしろ「差異」の方がポイントです。「百合」に比べると「BL」は規制の対象になりやすいし、アンチゲイを刺激し易いと言えるでしょう。でも「BL」が悪いのではないのです。ヘテロノーマティヴィティな世界とはホモフォビックなものです。男性にとって、「百合」は消費し易いが、「BL」は消費し難いのです。

撤回します。「百合がヘテロ男性のポルノ」だというのは言い過ぎでした。私の言いたいことは、「百合」はいつでも「ヘテロ男性のポルノ」になり得るということでした。だから「百合がヘテロ男性のポルノ」であるとしたら、それは間違った理解だし、一部の人たちを傷つけたかもしれません。ご指摘ありがとうございます。

上記ツイートは完全に間違っていました。撤回します。
また「ヘテロ男性のポルノ」だとしても、そのポルノの生産は雇用を生んでおり、労働者にはエスニックマイノリティやセクシュアルマイノリティも含まれるでしょう。どう批判したら良いかよく考えねばなりません。確かに私のツイートは「『マイノリティ表現』でないから存分に叩いて良い」と受け取れます。その部分はここで訂正し反省したいと思います。これは、私の言い方が間違っていました。

「マジョリティの欲望が反映されているから、排除してもマイノリティの不利益にならない」。確かにそうです。ここも私の言い方が良くない点があれば訂正します。

一般に時と場所のゾーニングを求められるような性表現やポルノは、大抵の場合において「マジョリティのもの」です。ですが、特に反論したいポイントではありません。
確かにマイノリティが攻撃を受けたり、攻撃は受けないが影響を受けることはあり得ます。どんな時もマイノリティの存在には配慮すべきです。
(しかし、大抵の場合、マジョリティの言い逃れ、尻拭い、都合良く利用されるのがオチであるような気もするのです…それはマイノリティの存在への配慮とは異なる、と感じるのですが)

これも訂正します。「マジョリティが責任を問われているような場面で、マイノリティの存在を持ち出すのは詭弁であり、責任逃れだ」というのが私の言いたいことです。
しかし、「ふともも写真」「百合展」を擁護するために「同性愛」や「セクシュアルマイノリティ」を盾にするのは、やはり「止めて欲しい」と思います。今回の炎上は「同性愛」や「セクシュアルマイノリティ」が攻撃を受けたわけではありません。
炎上、展覧会中止の原因は、マジョリティの人たちにおけるポルノ・性的コンテンツの管理・責任能力にあります。